わおんぷろじぇくと 代表の部屋


代表 東 督克 (ひがし まさよし)


〒433−8112
静岡県浜松市北区 初生町906−4
 .
 活動記録  写真 自己紹介


代表のひがしです。

わおんぷろじぇくとへの想いを綴ります。



僕は東日本大震災の被害拡大状況をテレビで見ながらただただ茫然としていました。誰もがそうだったと思いますが・・・

あまりに非現実的な出来事だったので何をどうしたらよいかも分からなかったし、
 心配するだけの無力感がとてもつらかった。

1週間経ったあたりで気持ちのもやもやが限界に達し、とにかく行ってみよう!
全てはそれからだ!と思い立ったので急遽仕事の調整をして、
食糧やライト、防寒具等を買い込んで震災2週間後出発しました。

被災地に入り、歩いて、見て、嗅いで、聞いて、話して、接して、
全てが脳裏に焼き付いています。惨状については皆さんもご存じだと思いますが・・・
写真の部屋を見てください。

その後、チャリティーコンサートを開催したり、募金活動をしましたが、
復興にはとてつもない金額が必要な為個々の活動では到底微力!
そう感じ始めてから、もっと別な有意義な応援活動はないものかと考え始めました。

そんな日々を過ごしていましたが、約半年後、以前自分が見てきた所はどうなったのか?!
今なら状況が変わって自分なりの応援活動の方向性が見つかるのではないか?!
と思い10月初頭に再び被災地に入りました。

この時は被災地の役所で話をしたり音楽講師と会って話したりが目的でした。
そこで知ったのが被災地の中で被災者自身の手による音楽的復興活動!

静岡県からは距離があります。だからこそ出来る活動として、
被災地の中で活動している人達を支援応援する!

音楽を通して被災者さん達を応援する活動こそが自分に出来る事だと確信しました!
静岡県浜松市は音楽の街としても有名です!

音楽の街から音楽を通しての応援活動!

僕は自分が音楽を続けている限りこのわおんぷろじぇくとを永続します!
東日本大震災の被災地が落ち着くまで何年でも!
その後も・・・・・

HOME